2006年04月02日

★ 報告 2006ネン3月26日 福島 ★

 初開催 福島のワークショップ

親と子どものマネーじゅく   終了

■内  容  こづかいゲーム & ミニセミナー

■開催場所  福島市「コラッセ福島」 5F研修質      
    
■開催責任者  マネーじゅく@福島 加藤 美穂子

*********************

【報告】メルマガより


■――――――――――――――――――――――――■
■   アナタの近くのマネーじゅく
■――――――――――――――――――――――――■
 
〜 「マネーじゅく in 福島を」を終えて 〜 (福島:加藤美穂子)

 3月26日、福島県で初めての「親と子どものマネーじゅく」が
行われました。その様子について企画運営を担当したマネーじゅくの
加藤美穂子さんにインタビューしました。

編集部(編):福島で初めてのマネーじゅく開催でしたがいかがでしたか?

加藤:私自身このような大きなイベント企画は初めてで不安でしたが、
   35人の小学生と、その保護者の皆さんに参加いただきました。
   大勢の方に参加していただけて嬉しかったです。

 編:今回はどんな内容でしたか?

加藤:午前と午後の2回、2時間半のプログラムです。マスコミにもよく取り
   上げられる「こづかいゲーム」を使った親子参加のワークショップを
   1時間半ちょっと行い、後の時間は買い物体験の「楽学タイム」です。

 編:楽学タイムについて教えてください。

加藤:楽学タイムというのは、会場内に模擬店を作って、子どもたちが本物の
   お金で実際に買い物を行い、その後こづかい帳の書き方も勉強する体験
   ワークです。マネーじゅくで用意したいろいろな品物、例えば文房具
   などを300円の範囲内で選んでいきます。限られた金額の中でいかに
   満足度の高い買い物をするか、楽しみながらも子どもたちは一生懸命
   組み合わせを考えていましたよ。

 編:そこで買ったものをこづかい帳に書き込むわけですね。

加藤:そうです。買い物をしたらこづかい帳をつける、という習慣を
   つけさせたいんですね。マネーじゅくでは「こづかい」を教材にして
   家庭で金銭教育を行いましょうと提案しています。「こづかいゲーム」
   「楽学タイム」の両方でこづかい帳のつけ方が勉強できるように工夫
   しています。

 編:なるほどなるほど。あとは「続けて家庭で実践しましょう」、という
   ことですね。
   では最後に、今後の福島での活動予定について教えてください。


加藤:はい。まだ日程までは決まっていませんが、東北地方のマネーじゅく
   メンバーと協力して、今回と同じようなワークショップを定期的に
   行っていこうと考えています。また、保護者向けにより詳しくお話し
   するセミナーも企画していきたいと思います。福島リビング新聞や、
   マネーじゅくメルマガなどを通じて、皆さんに情報を発信して
   いきますのでどうぞよろしくお願いします。

 「マネーじゅく in 福島」は盛況のうちに終了しました。メンバーが増える
につれて、マネーじゅくの活動地域もどんどん広がっています。

posted by じんない at 09:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ■ イベント 【福 島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006.4.7掲載【楽しくお金の使い方学ぼう】親子のマネー塾開催
Excerpt:  「おこづかいゲーム」と「お買い物体験」を通して、 親子一緒にお金について学んでもらおうと 「親と子どものマネーじゅく」(陣内恭子代表)が、 3月26日、コラッセふくしまで開かれた。..
Weblog: タウンレポーターのひとりごと
Tracked: 2006-04-07 06:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。